ターゲットに、工作依頼がバレてしまうケースとは?

普通の別れさせ屋では不安なとき

ターゲットに工作を依頼したことがバレてしまうと、大変です。

通常、別れさせ屋の業務は完全に水面下で行われ、ターゲットは一切その誘導に気づくことはありません。ところが、不運にも、ターゲットに工作を仕掛けていることがバレ、別れさせたり、復縁したりするどころではない状況になってしまうこともあります。素人別れさせ屋に依頼をしてしまった場合はその可能性が上がりますので、下記にご注意ください。また依頼人本人が気をつけるべきことも書き出します。

 

【依頼したことがターゲットにばれる典型的な例】

 

・「工作は回数だ!」と思っている素人別れさせ屋に依頼した場合(理由:ターゲットから不自然に思われ、後に警戒されてバレるケース)
・調査や工作経費も削減し、最低以下の人員で一か八かの工作を繰り返す安い別れさせ屋(理由:昔から安かろう悪かろうが当てはまる業界です)
・組織として未熟な会社に依頼した場合(理由:アットホームで成功する業種ではなく、複数の優秀な人材とチームが必要な業界だから)
・調査員のレベルが低く、ターゲットに尾行や張り込みがバレてしまう素人別れさせ屋

 

【依頼人本人が気をつけるべきこと】

 

・相談中や依頼中に、ターゲットに携帯を見られたりしないこと
・相談中や依頼する際のメールや契約書、電話履歴やサイト閲覧履歴を、ターゲットに見られたりしないこと
・今の状況を変えることが優先であれば、安い別れさせ屋に飛びつかないこと