別れさせ屋に依頼して発生するマイナスとは?

普通の別れさせ屋では不安なとき

別れさせ屋の事件をどう捉えるか?

別れさせ屋の事件は、世間で起きている一般的な事件と同様に、そもそもが、別れさせ屋に依頼したくなるほどの悪い男女関係が生まれたこと自体が不運であり、病気や事故などの確率同様に、はなから低い可能性の中で更にそれが死同等の非常に苦しい結果になることは、それを聞いただけではなく、実際に体験した人にしか、本当の真実を語れない筈であり、それが何か特別な状態(事件)になる可能性は、確率的に極めて低いことをふまえた中で考えていく必要があります。つまり、交通事故を避けるために夜間雨模様では車に乗らないのか、リスクを知っていても必要だから乗るのか、という違いであり、そこを選ぶのは個々の判断ということになるのだと思います。別れさせ屋に限らず、人間関係の深すぎる悩みを解決させようと思う場合には、どうしてもつきまとってしまうリスクと言えるでしょう。


何がマイナスなのかは、個々の思考による

例えば工作の失敗を考えた場合、「失敗してお金がもったいない」、「失敗したけど結果は結果で仕方ない」「失敗したからもう一度挑戦したい」などの捉え方は、個人個人の考え方によるものになってきます。マイナスと判断できる要素は、ターゲットに別れさせ屋との契約書が見つかる、ターゲットの本当の姿を知ってしまう、成功するしないは別として依頼したことを後悔する、などが挙げられます。事件同様に、その可能性・確率をどう考えていくか、になると言えるでしょう。