別れさせ屋 殺人にまで発展した愛憎の顛末

普通の別れさせ屋では不安なとき

別れさせ屋 殺人にまで発展した愛憎の顛末

殺人はどこの国でも犯罪であるはずです。よって、今の日本では依頼を受ける業者は存在しないはずです。「復縁のお手伝いをします」と謳っている業者でも、「別れさせ屋」の看板は出せないはずですし「殺人のお手伝いをします」という宣伝は出来ないはずです。それでは、別れさせ屋に殺人の手伝いを依頼するとどうなるのでしょうか?たいていは「その前にやるべきことがあるでしょう」と言われるか、電話をガチャ切りされるかのどちらかです。「どうしてもとおっしゃるならご自分でどうぞ」と勧める人も存在しないはずですし、そういうことを勧める業者は同業他社からマークされ、たちまち潰されてしまうことでしょう。「お金を相場の10倍くらい積むから」と言われてもです。仮に「殺人するフリをするだけ、復縁のための演出」だとしても、綿密なミーティングを行う必要があるでしょう。成功率が低そうな依頼は受けません。と謳っている業者が多いです。もしかしたらホームページには掲載できないけれど、裏では依頼を受けている人もいるのかもしれません。もちろん、依頼する方も受ける方も、何十年かの「おつとめ」をすることを覚悟しなければいけないのですが。