別れさせ屋は、電話とメールで上手に相談することが大切です。

普通の別れさせ屋では不安なとき

相談前の心構えとは?

別れさせ屋は、「解決しないと幸せになれない悩み」を扱います。 言い換えると、「幸せになるために必要な解決策を作る」それこそが専門分野です。占い師やカウンセラーのように、将来の予想や精神的安らぎを扱うのではなく、 このままでは変わらぬ苦しい現実を、多少強引にでも変えることが士業なわけです。生きていれば、不運にも、解決しがたい男女問題を抱えることがあります。そんなとき、いつも自分一人で、自分のことを守りきれるでしょうか?あなたは今、あなたのすばらしい運命を守りきれていないのかもしれません。幸せになるはずの運命を再び、あなたの元へ取り戻すためには、決して、現実から逃げてはなりません。 運命を守るために、今を変えていくのです。


メール相談が有効な理由

例えば、浮気相手から大切な人を取り戻したいとき、別れた恋人の気持ちを取り戻したいとき、不安に押しつぶされそうな中で、求める理想から大きく反れた道を軌道修正していくことは、決して容易ではありません。それでも、運命を守り抜くために、今を変えていく決意を固めたのであれば、失敗も油断も妥協も許されない真剣勝負に、必ず勝利しなければなりません。勝てるプランを守るためには、別れさせ屋の経験値とあなたの経験値を持ち合わせて、最大限協力し合うことが大切になります。メール相談が有効な理由は、

 

・別れさせ屋が考える可能性・突破口(アドバイス)を何度でも読み直せる。
・繰り返し読み直し、やり取りすることで、理解が増し行き違いをなくせる。
・1つではない複数の勝てるプランを知り、結果として、早期解決に結びつく。

 

が挙げられます。プランを作ることは、必ず必要なことになります。 従って、急ぎの解決を求めれば求めるほど、勝算の高いプランを急いで作らねばならないのです。

 

八百屋でりんごを3つ買うときに、会話(言葉)はとても便利です。
しかし例えば、100種類の野菜や果物をそれぞれ違う個数ずつ買いたいとき、 会話だけでそれを伝えることは、最も便利でわかりやすいと言えるでしょうか?
それよりも、紙にメモしてきた「八百屋で買いたい物リスト」をお店の人に渡すほうが、間違いない野菜や果物の個数になるのではないでしょうか?

 

実は、伝えたい情報量が増えれば増えるほど、活字と会話を併用した方が間違いなく有利と言えます。 活字を併用することで、大切なポイントを逃す可能性は、別れさせ屋とあなたの間、双方でゼロに近くなるのです。

 

あなたが経験されてきたお相手との経緯やお悩みの内容、お相手の立場になって考えてみたときの思われ方、これからの目的や解決プラン、別れさせ屋が行なえる、事例を生かしたアドバイス、それらは、決して少ない情報とは言えないのです。


過去に酷似しているケース事例がある

細かく見ていけば、悩みの内容は千差万別です。
それはもちろん、登場人物が異なるわけですから、当然と言えば当然です。
しかしながら、

 

・悩みの種類、経緯、解決するためにご本人が試したこと
・今現在の、お相手との接し方や、お相手からの思われ方
・これからの目的や、その目的を果たすために必要なこと

 

など、大きなポイントだけを覗いていくと、過去の成功談の中に、実は、とても酷似している事例が多々あるのです。 それは、とても参考になることは言うまでもございません。異なった人が異なった時期に風邪をひき、でも、似たような成分・種類の風邪薬で治療できることと似ています。 それらをたくさん知っているのは恋愛トラップなどの別れさせ屋です。


恋愛トラップに状況を伝えてみよう!

別れさせ屋に最初に教えるべきことは、大きいポイントとして2つです。それは、

 

@)今、あなたが抱えている、目下の悩み
A)今、あなたが抱えている、未来の目標

 

この2つです。それらを教えることで、別れさせ屋と的を射たやり取りができます。
その結果、あなたの事例における重要ポイントを把握し、過去の解決事例も参考にした、 「@からAへと、変化させていく方法」が確立できるのです。その流れを作るために、まずは、@とAを正確に伝えなければなりません。

 

「目的を見失う」という言葉があります。しかし、本当に目的が分からなくなったのでしょうか? いやそうではありません。目的を見失ったのではなく、目的をか叶えるための手段や可能性に、行き詰まりを感じているだけなのです。打つ手がないために、目的までもがよく分からなくなっている状態なのです。

 

逆に捉えると、たくさんの手段や可能性を知ることで、新しい理想や目的をはっきりと描けるようになります。 今、あなたが思い描いている目的は、実は、それだけがすべてではない可能性があるわけです。
多くの手段や可能性を知ること=新しい理想や、新しい目的の発見なのです。

 

ちょっと!状況を伝えるその前に、必要性の有無を確認してみよう!